home 売地 アパート 任意売却 不動産売買 お問い合わせ
 
携帯版HPはこちら
 
 

任意売却とは

競売と任意売却の違い

住宅ローンの返済ができなくなると銀行等金融機関は、裁判所に強制的に不動産売却の依頼をします。このように売却される不動産を競売物件と言います。
競売での価格は、市場価格の5~7割程度とが最低価格となっており、大幅に安く売却されるケースが多々あります。
売却代金は全て住宅ローンの返済に充てられますが、安価で取引されれば返済できる額も少なくなり、多額の住宅ローンが残ることになります。

対して任意売却は、以下のような有利な点があります。

1.競売に比べて高額で売却できる可能性が高い
2.公に告知される心配が無い
3.引越し資金の確保が可能な場合もある
4.売却理由について知られる心配が無い

任意売却が自己負担ゼロの訳

債権者の金融機関が受け取るはずの売却代金の中から支払われますので、依頼者は相談から任意売却まで無料で依頼することができます。

任意売却のその後

任意売却しても残った債務(住宅ローン)は支払っていく必要があります。
支払っていけるか不安な点かと思いますが、現在の収入から必要な生活費などを差し引き、その残りの金額から返済額を決めます。通常は柔軟な対応をしてもらえます。

 

Copyright (C) 2011 Kurotaki Real Estate, Inc. All Rights Reserved.